So-net無料ブログ作成
検索選択

はな、元気です。

3月11日金曜日午後2時46分、忘れられない時刻となりました。

恐ろしい災害に見舞われたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。ご家族の安否確認がいまだ出来ていないみなさま、早く早くご家族みな再会が叶いますように。。。

きっと恐怖が心身に刻み込まれ、不安で大変ご不便な日々をお過ごしのことと思います。疲労も確実に蓄積していることでしょう。できるだけ早く、少しでも心の落ち着く状態になりますよう、微力な私にもできることを考えていきたいと思います。


     

節電や計画停電などがあって、ブログの更新を控えていましたが、海辺に住んでいるということで、状況をご心配くださってご連絡くださった方、ありがとうございます! 私たち家族はみな問題なく無事です。

当日、今までに経験したことのないような長い大きな揺れ。大きな風船の上に乗っているような酔ってしまいそうな横揺れが続きました。でも、物が壊れたり棚から落ちたり、などの被害はまったくありませんでした。

はなもすぐに私の傍に寄ってきました。ただの地震ではないなと思い、そのままはなをリードにつなぎ、夫と一緒に家の外の障害物のない広いエリアに出てみました。電線がぐわんぐわんとのた打ち回るように揺れていました。空は抜けるような青空、なんだか現実の恐怖とは無縁のような違和感のある青さでした。

揺れの最中に奈良の実家に電話してみると、震源地は宮城沖、かなり大きな地震らしい、ということがわかりました。

揺れが終わって家中に入ってみると、停電。 電池式ラジオもなく、まったく情報がわかりませんでした。

車で帰宅したご近所さんから、信号機もストップしていて混乱が始まりそう、という話を聞きました。

でも、停電で情報がわからなかったことも手伝って、地元ではまだまだのんびりしたムードがありました。ワインを買いに来て下さる方もおられたりしたくらいです。

停電でパソコン仕事が出来なくなった夫と一緒に、早めにはなの散歩に出掛けたのは3時半頃。海際に住む友人と出会ったところ、「海へ行っちゃ危ない!」「マリーナの水位が一気に2メートルも下がった。」「引き波がすごい」「(いつもは見えない沖合の島)名島の全容が見えている」と注意を受け、ようやく津波の恐怖が迫っていることを知りました。

そういえば、警察車両が警告しながら町中を走り回っています。切迫感がないと、どうやら聞き流してしまうようです(汗)

散歩しながら、ふと、近くの山へ登る道路に視線を移すと、高台から海の方を眺めているたくさんの人々の姿が見えました。防寒対策をして大きな荷物を抱えています。みな真剣な顔つき。いたって軽装な私たちも急坂を登ってひとまず合流することにしました。

そこでラジオからのニュースで、初めて東北地方の各所が津波に襲われ悲惨なことになっている、と知りました。そして、私たちの町も、津波が襲ってくるかもしれない、と。。。

幸い、津波は大きいものではなく、1時間後には家に帰ることができました。

それからは、停電の復旧がいつなされるかわからない状況なので、夜に備えて準備を急ぎ、家じゅうからロウソクやら懐中電灯、電池、マッチをひとところに集めたり、つまずかないように植木鉢やらを移動させたり、せかせかと。。。

オール電化住宅の我が家には、なんとカセットコンロもガスも用意がなく・・・! まあ、じきに復旧するよね、、、とまだのんきに構えていました。

することもないので、車で様子を見てこようと、車を出したのはよいが、すぐにあきらめました。広い道路に出ようと思っても車がいっぱいで身動きできそうにありませんでしたから。警察官が手信号でさばいていました。

だんだん迫る暗闇に心細くなりながら、早々にパンを齧って作り置きの冷えた煮物を食べ、身支度を整え寝る準備。

寒くて暗くて長い夜になりそうでした。 頼りの携帯も充電ができないので、とはいっても、情報がまったく入らないのはものすごく不安で孤独なので、携帯テレビでところどころですが事態の把握に努めていました。

夜8時ごろ、ご近所さん2軒がカセットコンロとガス、おかず等を持ってきてくださいました。暗闇の中で、我が家がオール電化だと思い出して心配になったんだって!なんとありがたいこと!

あったかいお茶でおなかを温めて、その日は早々に寝てしまいました。

停電は夜中の1時に復旧したそうです。家じゅうの電気が一斉に起動する音って思ったより大きかったそうで、その音に目が覚めたそうです。夫が!

翌朝、私たちは初めて、テレビニュースで、津波による東北地方の被害状況・惨状を目にすることになりました。

       


私たちは計画停電の不便を除けば、すっかり平常の生活に戻れています。 

はなは、地震の揺れが怖かったのか、分離不安症状が幾分でています。ふたりして外出準備をしようとするとしがみついたりつきまとったりするので、どちらかは残るようにしています。

わんこ友達の中には、東京の勤務先からの帰宅難民になり、20時間もトイレを我慢していたわんこさんがいたとか。地震と飼い主不在の二重の恐怖がトラウマのようになっているわんこさんもいるらしいです。 

短く済ませようとおもっていたのに、長くなってしまいました。

被災地から遠く離れた我が町でも、ガソリンスタンドからはガソリンと灯油、スーパーからはパンや牛乳、米、カップラーメンやトイレットペーパー、電池類などが消えています。

買いだめ?・・・原発事故も加わり、不安な気持ちが大きいのでしょうね~。

我が家は、今日揃って暖かく食べられる幸福をかみしめて、普通の生活を粛々としていこうか~と夫と話しています。(…と言いつつ、はなのフードは買いだめしています。。。)

更に長くなりましたが、ご報告まで! 

 


コメント(18) 
共通テーマ:ペット

コメント 18

OZ

海辺にお住まいなので心配しました。
はなちゃん家のみなさん 無事で本当によかったです!
未だに余震が続く日々、
お互いに気をつけましょうね!
by OZ (2011-03-16 15:31) 

まお

皆さんご無事でなによりです。
by まお (2011-03-17 07:10) 

くのじ

ずっと心配してました~。
ブログがアップされてるのを見てほっとしています。
私も帰宅難民になったひとりで、アイレはトイレを30時間くらい我慢してくれていました。
はなちゃんの分離不安、大丈夫ですか?

今後も気をつけていきましょうね!
by くのじ (2011-03-17 12:42) 

はな’s

☆OZさま☆
ご心配くださりありがとうございました。
地震の揺れは錦花ちゃん地方の方がすごかったのではないかな~と思います。余震のたびに恐怖に身が縮む思いでしょう。錦花ちゃんとご家族の皆様、どうぞお気を付けくださいね!

津波のおそろしさすさまじさは本当に恐怖です。
どこに非難すべきか等、高台へのルートをご近所さんと確認してきたところです。
by はな’s (2011-03-17 15:22) 

はな’s

☆まおさま☆
ご心配くださりありがとうございました。
地震の怖さを思い知りました。備えの必要も痛感。。。
まだ暖かい地方なので寒さも我慢できるほどですが、被災地の雪と寒さと不便を思うと胸が痛みます。

by はな’s (2011-03-17 15:24) 

はな’s

☆くのじさま☆
ご心配くださってありがとうございます!
ブログアップして元気だよ!のアピール、必要ですね~。。。ご心配おかけしました。。。

アイレくん、ひとりでくのじさんの帰りを待っていたのですね。。。30時間も!!!! 頑張ったね、、泣けてきます~。。。
くのじさんも、アイレくんのことが心配な上、思うように帰宅できずものすごくお疲れになったことでしょう。夜はかなり冷え込みましたし、、、
いまだ緊張状態であるため、疲れが表面に出ていないところもあると思います。どうぞお気を付け下さいね!

はなの分離不安、私たちの心配しすぎもあるかもしれませんが、徐々に薄れてきたようです。
くのじさんはもうご出勤されているのですか~?通勤も停電の影響で大変でしょう、、、、
お疲れが出ませんように。。。
by はな’s (2011-03-17 15:32) 

コニノアまま

ご無事で良かったです!
津波警報が消えるまでは心配ですよね。
はなちゃんの分離不安もだんだんと
おさまるといいですね。。
今回のことで
自然災害に対しての
対処方法や避難方法など
改めて考えさせられました。
まだ余震もあったり
計画停電やらなにやらで
心休まる日がないですが
みんなで乗り越えていきましょうね!
by コニノアまま (2011-03-18 12:56) 

なつママ

はなちゃん家みなさんご無事でよかったです!
大津波警報が出ていたのでとても気になっていました。
あれから一週間が過ぎましたが、まだ余震がありますね。
その度に なつ 天井を見つめています。
一人でお留守番をしていたので相当、怖かった様子です。
お散歩中にお会いするワンコ連れの方にお話を聞くと
地震後に体調を崩したワンコさんが多いみたいです。
はなちゃんの分離不安も除々に薄れてきて安心しました。
これから乗り越えていかないといけない事がたくさんありますが
みんなで力を合わせて乗り越えていきたいです。
by なつママ (2011-03-19 21:47) 

るるべるママ

ご無事でよかったです!
大震後の停電は余計不安な気持ちになりますね。
こんな時こそ、ご近所の方のご好意はありがたいですね。

はなちゃんの分離不安、分かります。
うちも、どこ行くのもるるべるを連れて行っています。
余震も時々ありますが、早く治まればいいですね。

この先の事を考えると不安もありますが、皆様の
おっしゃる通り乗り越えていかなければ!






by るるべるママ (2011-03-21 00:40) 

こたまま

久しぶりにパソコンの電源を入れました。
あまりのショックでパソコンを見る元気もありませんでした。
地震・津波の恐怖を改めて感じました。
そんな時にメールくださり、ありがとう。

私も急いで仕事から帰ると、こたを連れて高台に逃げました。
でも、元々地震の苦手なこたは興奮状態で大変でした。
今でも地震速報の音がすると怖がっています。
こたがよく遊ぶ海も引き波がすごかったようです。
いつも穏かな海が信じられません。

まだまだ、正直不安がありますが、そうですね、今日揃って暖かく食べられる幸福をかみしめていきたいと思います。

by こたまま (2011-03-21 12:06) 

はな’s

☆コニノアままさま☆
ご心配くださりありがとうございました!
津波の恐怖、すさまじい力を考えると、今もとても怖いのですが、、、とにかく備えは大切ですね~。。。モノと心構えと。
私もあらためて感じました。
コニーちゃんノアちゃん家は、守るべき人数、避難する人数も多いので大変ですね…。。。
避難場所も屋内だと毛皮さんたちは入れないかもしれませんし、、、わんにゃん比率の高いはな地方でも小型バリケンに入った小型犬も一緒に避難場所には入れなかったようです。大型犬と一緒に避難するのはかなり覚悟がいることかもしれないなぁとわんこ友達と話しています(涙)

はなの分離不安は徐々になくなってきています。一人にして出掛けても大丈夫です。
でも余震や災害警報を聞くとびくっとしてすぐに近寄ってきます。はなの恐怖もかなり深かったのだなぁと思います。

ほんと、まだまだ気の抜けない日が続きますが、元気に乗り切りたいですね~!
by はな’s (2011-03-23 14:58) 

はな’s

☆なつママさま☆
ご心配くださりありがとうございました!
今まであまり現実のこととはかんじていなかった津波の恐ろしさですが、事前の準備と家族で避難場所を決めておくことの重要性を思い知りました。

なつちゃんもとてもとても怖い思いをしたのですね。。。
いったい何が起こったのかわからないし、一人でのお留守番中でものすごく不安だったことでしょう。
なつちゃん地方より揺れの小さかったはな地方でもはなのように分離不安になったり体調を崩したりしたわんこが多いようです。

ほんと、これから乗り越えていかないといけない事がたくさんありますね。。。
心細くもありますが、そう!みんなで力を合わせて元気に乗り越えていかなきゃいけませんねっ!

by はな’s (2011-03-23 15:08) 

はな’s

☆るるべるママさま☆
ご心配くださりありがとうございました!
あれほど長い停電は生まれて初めての経験でした。備えがなかったのでいろいろと、、、身にしみました(涙)
ご自分も大変な時に私たちのことを気に掛けてくださったご近所の方の心のゆとりにものすごく救われました。モノだけではなくあたたかさに!

るるべるちゃんも、どこに行くのもママさんと一緒なのですね~。。。 その後落ち着いてきましたか~?
はなはもう大丈夫そうです。残して私たちが出掛ける時も、以前のようにしら~っとした感じで見送ってくれます(笑)
ただ、やはり余震やサイレンには敏感になっています。

本当に、この先の事を考えると不安もいろいろとありますが、元気に乗り越えていかなければ!ですね~!

by はな’s (2011-03-23 15:16) 

はな’s

☆こたままさま☆
こたままさん、その後大丈夫ですか。。。
強いショックを受け、怖い思いが抜けないでいるところに、テレビの、今でこそ平常時の番組に戻りましたが、しばらく流されていた被災地の惨状と辛い悲しみを背負った被災された方々の映像と言葉に、さらなるショックを受けてしまったのかも、と心配でした。

こたくん、あんなに大きくて長くて変な揺れの地震に、とても驚き、不安で怖かったことでしょう。特にふたりは超超ビビリ姉弟ですしね~。。。
こたままさんも急いで高台へ避難されたのですね…。本当にいつもの顔とは全く違う、一瞬にして騒然とした空気の流れた海辺でした。みな、緊張で顔が引きつっていました。あの東北の津波被害の映像を見た後だったら、津波の怖さを知ってしまった後だったら、みなパニックになってとても混乱したかもしれません。知らないだけにちょっとのんびりした様子もあって、それがかえってよかったのかもしれません。(私と夫だけかな?笑)

原発事故の不安も加わって、まだまだ不安で気の抜けない日が続きそうですが、元気に乗り越えましょうね!
by はな’s (2011-03-23 15:40) 

ラフはは

コメント久しぶりになってしまいました。
はなちゃん家のみなさま、ご無事でよかったです。
地震の被害だけでなく、はなちゃんやこたくん、海辺のおうちは
津波の怖さもあったのですよね。。。
はなちゃんはもう大丈夫そうですか。
ラフは地震の次の朝におなかがゆるくなりましたが、今は元気です。
地震速報の音や余震にはやはり、ビビっています。
ラフも、ひとりで家において行くのが不安で、できる限り連れ歩いて
しまっています。

まだまだ余震もあり、被災地の状況、原発の問題、、
不安なこともたくさんあります。ひとつひとつ、みんなで乗り越えて行きたいですね。

by ラフはは (2011-03-23 21:22) 

きららママ

お見舞いが遅くなって申し訳ありません
皆様ご無事で本当に良かったです。
はなちゃんもとても怖い思いをしたでしょうね
津波の恐怖は想像を絶するものだったでしょう
いつもは穏やかな優しい海、それが突然凶暴な姿に変わるのは本当にショックですね
それから情報の入ってこない不安も。。。

あの日我が家は富士川SAで地震に会い、伊豆半島にも大津波警報がでていましたので、翌日予定していた河津に行くのをキャンセルして、急遽中央道経由で帰りました。
大阪でもかなりゆれたみたいです。

はなちゃんはもう落ち着きましたか?
まだまだ大変な日が続くと思いますが、はなちゃんもはな'sさんもどうぞお体に気をつけて、遠くよりお祈りしています。
by きららママ (2011-03-23 22:33) 

はな’s

☆ラフははさま☆
ラフくん家のみなさま、お元気で良かったです!
震度はきっと内陸のラフくんの地域の方が大きく、それだけ恐怖感も大きかったと思います。。。
私たちは、いつもと全然違う感じの揺れだとの不安には駆られましたが、揺れ自体はそれほど恐怖ではなかったです。はなは相当怖かったみたいですが…(涙)
だけど、津波。。。来るかも?規模がわからない?どう対処すればいい?と「?」ばかりで、実はオタオタしてしまいました(汗)焦りました。怖かったです。

はなはもう大丈夫です!余震があると傍に来ますが、お留守番は嫌がらなくなりました。
ラフくんもおなかゆるくなりましたか。。。やはり怖かったのですね…(涙)トラウマになっているのですね…(涙涙)
もし外出している時に地震やそれに伴う火事、津波が起こったら、家の中でお留守番しているわんこはなすすべもないことを考えると、、、やはり不安ですね。。。こればっかりは期限があるものでもないので、これからどう対処していくか考えなきゃいけないな、、、とますます不安になってしまいます。
原発事故もますます深刻になっているし、どうすればいいの!?と思いますが、落ち着いて、そう、ひとつひとつ、みんなで乗り越えて行かなきゃ、ですね~。
by はな’s (2011-03-26 11:33) 

はな’s

☆きららママさま☆
ご心配くださりお見舞いありがとうございました!
津波の恐怖、当日もそれなりに未知への対応という意味で怖かったですが、東北各所の津波被害の悲惨な映像を見た今では、現実的な恐怖に変わってきています。津波を考えると夜も寝付けないくらい、どこに逃げる?どうすればいい!?を何度もシュミレーションしている感じで…考えるだけですが疲労困憊気味です(汗)とりあえず情報がわからないのは致命的なので電池式ラジオは用意しておかないと、と思っています。

きららちゃん家もご無事でよかったです! なんと富士川SAまでいらっしゃっていたのですね~。出先や旅行先での被災は更に不安な気持ちが大きくなりそうです。色々巻き込まれなくてよかったです!

はな、余震や警報には敏感になっているようですが、もう大丈夫だと思います!
ありがとうございました!!!
by はな’s (2011-03-26 11:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。